インヴァスト証券のCFD

インヴァスト証券のCFD

FXの分野では取扱い銘柄数が少ない分、固定スプレッドが採用されていて、そのスプレッドも業界最高水準の狭さを誇っているインヴァストで提供されているCFDはFXと同じ様に、銘柄数こそ少ないかもしれませんが、狭いスプレッドで取引を行う事が出来る様になっています。

 

例えば多くのCFDサービス提供会社で取引が出来る日経225株価指数についてですが、インヴァスト証券では5円〜8円のスプレッドとなっています。ややスプレッドが広めとなっているSBI証券と比較をした場合には、倍程となっているのでその狭さが理解してもらえると思います。

 

インヴァスト証券で取引を行えるCFDの銘柄に関しては41銘柄となっています。株価指数が中心となっているので、投資の初心者の人でも取り組みやすい銘柄が揃っています。銘柄数に関しては、外資系企業となるIGマーケッツ証券やSAXO BANKと比べてしまうと、それこそ2桁程違う数となってしまいますが、インヴァスト証券の最大の魅力は、広瀬隆雄氏、三空(さんくう)氏と言った、CFD分野で実績のある人のセミナーを受ける事が出来る様になる点になります。

 

またデモトレードに関しても、30日間行える点に加えて、インヴァスト証券の会社内にあるデモルームで、教えてもらいながらトレードの練習が出来たりもします。実際に取引を行う緊張感を持って行う事が出来るのに加えて、横に担当者を付けて、解説をしてもらいながら取引を体験する事が出来るので、トレードのコツやノウハウを覚えるのも早いと思います。

 

実際に取引経験が豊富な人向きと言うよりも全体的に初心者の人向きのサービス内容となっている気がしますので、CFDをこれから初めてみたいと考えている人にはオススメの1社と言う気がします。

 

インヴァスト証券のCFDサービスは終了済みとなります。
CFD取引を行いたい方は別の会社をご利用下さい。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX