IGマーケッツ証券のCFD

IGマーケッツ証券のCFD

金融系の雑誌やマネー系の雑誌を購読している人であれば、IGマーケッツ証券の広告を見た事がある人が多いと思いますので、すでに知っていると言う人も多いと思いますが、そうでない人には恐らく全く知らないし、聞いた事もないと言う人になってしまうのがIGマーケッツ証券になります。

 

外資系企業となっているので、下手をしたら国内の中堅規模の証券会社よりも知名度としては低いのかもしれませんが、IGマーケッツ証券は国際的な企業となっていて、世界中でサービスを展開している、グローバルカンパニーとなっています。

 

CFDに関しても早い段階から日本国内でサービスを開始しており、取引出来る銘柄数について言えば、国内でCFDの取引が出来る会社の中でも、最上位となっています。またCFDの取引実績と言う点で見た場合には、世界の中でもNo.1となっている会社となっています。知らなかったと言う人も多いかと思いますが、世界的な企業です。

 

提供されている銘柄に関しては約6000種類となっていて、国内のCFDサービスを提供している会社と比較をすると、文字通り桁違いの種類だと言う事が理解できると思いますが、この多さの一番の理由としてあるのが、国内と海外の株式CFDを取り扱っている点になります。海外の株式CFDの中には国際的な企業も多く含まれています。日本人の若い人を中心に非常に人気となっているアップル社やグーグル社も当然含まれています。

 

国内の証券会社からアメリカ株式市場で上場をされている銘柄に投資を行う事も出来ますが、煩雑な手続きを必要とするケースもあります。しかしIGマーケッツ証券でCFDを通して投資を行うのであれば、口座開設をして入金を行い取引を行えばそれでOKです。当然株式と違ってレバレッジを生かす事も出来るので、通常の株式よりも高い資金効率で取引を行う事も出来ます。

 

IGマーケッツ証券ではスプレッドに関しても狭くて、約定率も高い事で知られています。事実、FXの分野では数多くのFX会社を押さえて、顧客満足でNo.1となっています。ここまで主に良い点のみを中心に紹介をしています。デメリットの点や、もっと頑張って欲しい点なども上げたいのですが、実際の口コミ情報などを参考にしてみても、驚くほど、悪い点がないのです。

 

以前、中東でデモが起こり、原油価格が一時的に高騰をした際に、2ちゃんねるなどの掲示板で原油で二億円以上を儲けた。と言う人が現れましたが、その人が使用をしていた口座も実はIGマーケッツ証券でした。その為、ゲン担ぎも良いと言う点があります。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX