ドットコモディティのCFD

ドットコモディティのCFD

ドットコモディティはオンライン先物取引業者の中で大手の会社となっています。そのノウハウを生かして38銘柄の商品CFDが取引が可能となっています。岡藤商事の場合もそうですが、オンライン先物取引業者がCFDを扱っているケースの場合、商品CFDに特化しているケースがほとんどです。それはオンライン先物取引の分野で培ってきたノウハウや情報を提供する事が出来る強みがあるからになります。

 

FXは元々CFDの一部となっていて、CFDの中から外国為替証拠金の部分を特化して扱った金融商品がFXと言う金融商品に洗練されたと言う経緯があります。その為、CFDを扱っている業者の多くがFXを扱っているケースがほとんどです。しかし、その分として先物取引の分野に関してはFX業者にはノウハウがありません。もしも商品CFDの銘柄を中心に取引を検討しているのであれば、こう言った理由から、オンライン先物取引でCFDを扱っている会社を選ぶのが良いと思います。

 

メリットとしては口座開設をしておく事で得られ得る情報が他社と比較をして、商品に特化している点があります。またノウハウに関しても当たり前ですが、商品CFDの相場の見方などをテーマに扱った物が多くなっています。

 

またドットコモディティでは、要望の大きかった金スポット/円建て、銀スポット/円建ても最近新しく取引銘柄に加わりました。米も取引可能となっていたり、排出権取引も可能だったりと商品系に関しては、かなりの強みを持っている会社だと言えます。米に関してはラフ・ライスと言う名称になっており、最大レバレッジは200倍となっているので、高い資金効率で取引を行う事も可能となっています。

 

ラフ・ライスに関しては、まだ相場に登場して間もないのですが、多くの注目が集まっている商品となっています。2011年11月時点ではTPPに関するニュースが報道で頻繁に取り上げられていますが、ラフ・ライスだけでなく、各種の商品CFDについても大きな影響を与えるテーマとなっている可能性も高いので、今後はさらなる注目を集める事になりそうです。

 

ドットコモディティのCFDサービスは終了済みとなります。
CFD取引を行いたい方は別の会社をご利用下さい。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX