CFDのトレール注文

CFDのトレール注文

CFDのトレール注文というのは、逆指値注文に値幅指定機能が加わった注文方法のことを言います。
トレール幅と呼ばれる値幅を設定することによって、逆指値を自動的に変更してくれるというのが特徴となっています。

 

例えばある対象銘柄を、9,000円で買いエントリーするとします。
そしてトレール幅を50円に設定して、トレール注文を出すとします。

 

するとこれによって、8,950円という値段が、逆指値売注文として発注されることとなります。
そしてその後値段が9,100円に上昇した場合には、自動的に逆指値も9,050円に変更されるというのが、CFDのトレール注文のしくみとなります。

 

例えばその後値段が9,100円から9,070円にまで下がった場合でも、逆指値は9,050円がそのまま維持されることとなります。
そして値段が再び9,200円にまで上昇すると、逆指値は9,150円に自動的に変更されることとなります。

 

つまり相場の変動によって、値段が上昇すればその値段に合わせて逆指値も自動変更されますが、下がった場合には変更が適用されないというのが、CFDのトレール注文のメリットとなります。
逆指値が買い値よりも上回った時点で利益が確定するということとなり、利益をさらに伸ばして行くということも可能となっています。

 

そして価格が逆指値まで下がった場合には、自動的に売却されることとなります。
つまり9,000円で買い付けた銘柄が9,500円まで上昇し、その後下がった場合でも、売却価格は9,450円を下回ることはないということになります。

 

CFDのトレール注文では、損失を最小限に抑えながら、かつ利益を最大限まで追求することができるというのが特徴となります。
ただしCFDのトレール注文はメリットが高くなってはいますが、注文を出す際にはそれなりの手数料を取られることとなるため、手数料も考慮して利用する価値があるかどうかを見極めるということが大切となります。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX