CFDのIFO注文

CFDのIFO注文

CFDのIFO注文というのは、「IF Done」と「One Cancels the Other order」とを、統合させて略した注文方法となります。
つまりCFDのIFO注文とは、IFD注文とOCO注文の両方の機能を兼ね備えた注文方法ということになります。

 

まずIFD注文というのは、エントリーのための指値注文と、利益確定のための指値注文を、同時に出すことができる注文方法となっています。
例えばある対象銘柄が3,000円になった時点で買いエントリー、3,050円になった時点で利益確定という指定を、あらかじめ行うことができる注文方法となります。

 

そしてOCO注文というのは、利益確定のための指値注文と、ロスカットのための指値注文を、同時に出すことができる注文方法となっています。
OCO注文は、あらかじめポジションを持っている場合にのみ利用できる注文方法となります。

 

例えば対象銘柄が3,050円になった時点で利益確定、2,900円になった時点でロスカットといった指定を、あらかじめ行うことができる注文方法となります。
IFD注文の場合ではロスカットのための指値注文ができず、OCO注文の場合ではエントリーのための指値注文ができないというのが、それぞれ欠点となっていました。

 

しかしCFDのIFO注文では、エントリーのための指値注文、利益確定のための指値注文、ロスカットのための指値注文の3つを、同時に出すことができるというのが特徴となっています。
そのため一旦注文を出してしまえば、パソコン画面を常に確認するという必要もないため、大変便利な注文方法となっています。

 

それぞれの指値に到達した時点で、コンピュータが自動的に約定を行ってくれます。
CFDのIFO注文は、究極の自動売買方法と呼ばれることも多く、もっとも優れた注文方法として投資家たちから注目がされています。

 

忙しいサラリーマンなどにも、おすすめの注文方法となっています。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX