CFD銘柄のプラチナ

CFD銘柄のプラチナ

プラチナは金に比較して時価総額が少ないということから、取引の規模が小さく値動きが非常に激しくなるのが特徴です。
このような特徴を持っていますので値動きで利益を得ようと考えている方は、安定した相場ではないので短期間に集中して取引するのが一番良い方法のようです。

 

実際のCFDでのプラチナの取引は最低取引単位が10オンスからになっているので、約100万円程度の準備資金が必要になりそうです。
この金額は簡単に準備できる手軽なものではないことと、いわゆるハイリスクハイリターンという高リスクであることをよく理解しておくことが重要です。

 

工業用原料としての用途が多く、金とは違った値動きをします。
全世界の年間需要の約半分が自動車の排ガス浄化触媒として使用されていますので、自動車業界の影響を受けやすい商品になっています。

 

世界的な景気が回復してくれば、自動車販売も上昇しプラチナ価格も上昇していきます。
特に短期での取引を考えている場合は、世界の自動車産業の動向についてよく注意して観察することで利益を生み出す可能性が向上するでしょう。

 

しかし、プラチナの値動きは需要だけの影響だけではなく、供給からの影響もあることを忘れてはいけません。
需要に対する供給のバランスが崩れると価格に大きな影響が出やすくなります。

 

プラチナの世界生産量の約70%を占めるのが南アフリカですので、南アフリカの生産動向によっても価格に大きく影響が出てきます。
このように需要動向と供給動向の両面から観察することが非常に重要になってくるのと、工業用途に関わっているものであるため、原油価格に影響を受けやすいのも事実ですので、広い視野からの分析も必要になってくるかもしれません。

 

CFDでは金先物と同様に人気の高い商品CFD銘柄のひとつですので、興味のある方は取引を始めてみてはいかがでしょう。
ただし、CFDの取引時間は21:20〜2:50までと非常に取引時間が短いので注意が必要です。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX