CFD銘柄の原油

CFD銘柄の原油

原油は世界の政治や経済の動向が最も集約する商品相場といわれています。
特に発展が著しい中国などの石油消費動向や、産油国および周辺国の政治情勢が大きな影響を与えるといわれます。

 

このように新興国の経済成長に伴う石油消費量が大きく増加し、供給能力を上回り始めてきていることから価格は高騰しています。
こんごも石油消費量は増加の一途を辿ることは既に予想されていることですので、今後も価格が上昇していくとみられているのが大方です。

 

CFDでの原油取引は、WTI原油先物が取引量と市場への参加者が圧倒的に多くなっていて、市場での流動性および透明性が高いので、世界経済の動向までをも予想する非常に重要な経済指標の一つにもなるなど有名です。
このWTIとはウェスト・テキサス・インターミディエイトと呼ばれるもので、アメリカ南部にあるテキサス州を中心に産出され、世界での産出量の1〜2%程度を占めるようです。

 

CFDではこのほかに欧州産の北海ブレントや中東産のドバイなどがあります。
CFDの特徴であるレバレッジを十分に利用して、短期間で大きな利益を生み出すことも夢ではありません。

 

CFDでの原油相場変動の要因は、特に為替相場の動きからも大きく影響されることがあります。
原油はドル建てで取引されるので、対ユーロでのドルが安くなると価格が上昇する要因となり、ドルが高くなると価格が下落する要因となります。

 

このほかにはIEA国際エネルギー機関、EIA米エネルギー情報局、OPEC石油輸出国機構の月次ベースでの世界石油需要予測などの需要動向の見通しも価格に影響します。
また、ヘッジファンドやETFなどというファンドが、先物市場や店頭を通して取引することで、価格に影響を与える結果とっているようです。

 

価格指標としては毎週水曜日公表のEIA石油在庫統計やAPI石油在庫統計、毎週金曜日発表のCFTC建玉明細がありますので、これらの指標を分析しながら取引に有効活用しましょう。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX