CFD銘柄の金

CFD銘柄の金

CFDでの金への投資には、価値を失うことがない投資商品であること、換金性が高いものであることからほかの投資商品より優れているといえます。
ましてやCFDでの取引ですと、24時間いつでも取引が可能になる、レバレッジを利用して少ない元本で大きな投資が可能になる、売りポジションからの取引開始ができる、手数料が安く低コストであるなどの特徴がありますので、自分にあった投資ができます。

 

CFDで取引を開始する際は、米ドル相場の分析をして判断することが利益を出す大きなポイントとなります。
それは、米ドルは金と同じように安全資産と認識されているために、米ドル相場が強くなると判断されると金から米ドルへと資金が流れ、反対に米ドル相場に不安が出てきそうになると、より安全な資産である金へ資金が流れるというように、米ドル相場との関連性が非常に強いからです。

 

CFDでの取引を始める際に注意しなければいけないのが、株価指数や個別銘柄などと比較すると時価総額が低いことや、流動性が低いということです。
この流動性が低いと指値注文がなかなか成立できないとか、価格の値動きが大きくなるとか、成行注文の時は予想と大きくかけ離れた値で取引されてしまうなどのリスクが発生する可能性もあるからです。

 

実際の取引においてはポジションを保有している間は日々金利負担が発生するので、投資期間が長くなるとその分の金利負担が積算されますので、短期投資向きの商品になっているようです。
実際の投資方法としてNY金先物に投資する場合、高いレバレッジでも取引金額が高くなる傾向にありますが、レートがわかりやすく取引しやすい特徴があります。

 

ETFに投資する場合は、レバレッジをかけなくても非常に小額の取引から始められるのが特徴です。
どちらの投資方法でも取引の動きは同じようなもので、両者の違いは取引金額の違いだけのようです。

 

レバレッジを使えるということは少ない資金で大きな利益が得られますが、その反面、損害も大きくなりますので十分なリスク管理が必要です。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX