CFD銘柄のハンセン指数

CFD銘柄のハンセン指数

CFDのハンセン指数は、香港証券取引所で売買される銘柄のなかの45銘柄をを時価総額加重平均で算出した指数で、アジアの重要株価指数として注目されています。
ハンセン銀行の傘下にあるハンセン指数サービスが算出している指数であるための、このような名称になっています。

 

先進国の経済不安が取りざたされるなか、新興国の動きが注目されているところです。
アジアにおいては中国経済の成長に注目が集まり世界経済に与える影響も少なくないものになっています。

 

中国本土ではなく香港の株式市場が注目されるのは、本土ではまだ規制が厳しく、国外との取引が大きく制限されているためです。
CFDでハンセン指数を取引する場合には、中国本土の動きと同様にアメリカの動きにも注目することが必要です。

 

香港では通貨に香港ドルを採用しており、アメリカドルとドルペック制度を採用しているために、金利の動きがアメリカドルと連動します。
つまりアメリカドルが低金利になれば、香港ドルも低金利になるということで、このことを頭に入れておくことが大切です。

 

日本やアジアの株価指数とも連動する動きが見られるので、これらにも注目する必要があります。
一方で北京とは逆の動きになる傾向にあり、予想が難しくもあります。

 

したがって、予想をはずれた場合には速やかに対処することが大切です。
またハンセン指数の特徴として香港市場では値幅制限がないので、際限なく値動きする可能性があるということです。

 

1日に200ドルくらいの動きは普通にあることです。
CFDで上手い具合にいけば大きな利益をあげられる可能性がある一方で、大きな損失を負うかもしれないリスクも考えておかなければなりません。

 

レバレッジ取引が大きな魅力であるCFDですが、ハンセン指数ではより慎重に決めて、慎重な取引を行うことが成功の秘訣といえます。
そういう意味では、初心者の投資家にはあまりおすすめできる商品とは言えませんが、可能性を秘めたものではあります。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX