CFD銘柄のダウ平均指数

CFD銘柄のダウ平均指数

CFDのダウ平均指数はダウ工業株30種平均、ニューヨーク・ダウ、ニューヨーク平均株価などともよばれるアメリカ合衆国の代表的な株価指数を商品とするものです。
アメリカの経済ニュース通信社であるダウ・ジョーンズ社が算出する指数であるために、このような名称で呼ばれています。

 

ダウ平均指数は、日経平均指数とともに日本におけるCFDの商品のなかでは大変人気のあるもののひとつです。
世界相場の基準ともいわれていおり、世界の株式市場に大きな影響を与える指数であるために、いろいろな意味で注目されています。

 

また解りやすいということで、初心者の投資家にも人気があり、おすすめできる商品といえます。
CFDを取り扱っているすべての証券会社がダウ平均指数を扱っているわけではないので、これから始めようという場合には、証券会社選びに注意をしてください。

 

ダウ平均指数の解りやすさのひとつは、日経平均指数との相関性が強いということにあります。
特にダウ平均の最後の30分と日経平均の最初の30分には、多くの投資家が注目している時間で、似たような動きをすることが多いようです。

 

また同じようにヨーロッパ市場との相関性も強いので、一緒にチェックしておくことをおすすめします。
しかし、当然のことですがいちばん値動きに影響を与えるのはメリカの経済指標なので、ここは必ずチェックして指数などの発表を確認してから取引することが必要です。

 

日本時間での取り引き可能時間は、夏は22時30分から、冬は23時から翌朝の5時までです。

 

昼間は仕事をしている人でも、この時間帯に取引ができることも大きな魅力です。
CFDのダウ平均指数を扱っている証券会社はまだ多くはありませんが、これから始めようとする場合には、その中でも比較して自分に合っているところを選びましょう。

 

比較サイトなどにアップされているコメントなども参考にしながら、解りやすさ、使いやすさなどとともに手数料なども考慮して選ぶとよいでしょう。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX