CFD銘柄の日経平均指数

CFD銘柄の日経平均指数

CFDの日経平均指数とは、上場している銘柄のなかの225種類の平均株価指数を取り扱うものです。
その計算のしかたは、225の銘柄の株価を決められた除数で割って算出します。

 

225の株価の変動が数字によって表されるもので、これ自体は指標であり実体のあるものではありませんが、原資産として金融商品として取り扱われます。
ほぼ日本の株式市場の平均となる指数でもあります。

 

CFDのなかにはさまざまな商品がありますが、日経平均指数は人気のある商品のひとつです。
証券会社によってそれぞれ違いはありますが、比較的レバレッジが高めになっているのが特徴です。

 

そのために、少ない資金でも大きな取引をするというCFDのもっとも大きなメリットを存分に活かすことができるので、初心者の投資家にもよく勧められます。
しかし、レバレッジを大きくしすぎると、リスクが大きくなるので初心者の場合には慎重に判断する必要があります。

 

日経平均指数を取引する場合にはいくつかのポイントがあります。
まず日経株かの動きはドルやユーロの動きと密接に関係してくるので、それらの動きをよく見ていく必要があります。

 

ドルやユーロに対して円高になれば下落し円安になれば上昇するという基本を覚えておきましょう。
またニューヨークダウとの相関性にも注目することも大切なポイントです。

 

特にニューヨークダウの最後の30分は、日本の最初の30分との相関性は強いと言われているので、ここにポイントをおくと比較的利益があげやすいと言われています。
現に、ニューヨークの最後の30分と日本の最初の30分だけをチェックしている個人投資家も多いようです。

 

もうひとつCFDの日経平均指数の取引をする上でチェックしておきたいのは中国株式指数です。
中国で急激な下落をした場合には、日本への影響も大きいので、最低1日1回はチェックしておくことをおすすめします。

 

そして初心者においては特に、多くの銘柄を扱っていて、初心者にも解りやすい配慮がされている証券会社を選ぶことも成功へのひとつの道です。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX