CFD銘柄の商品先物

CFD銘柄の商品先物

CFDの商品先物は、取り扱う農作物が収穫されるまでに、金額と受け渡し日を契約して先渡しする取引をいいます。取り扱われる商品は主に海外銘柄で、穀物や金属、原油などのエネルギー資源が中心です。
現在日本のCFD商品先物で取引されているのは金属類では、金、銀、プラチナ、パラジウム、アルミニウムです。エネルギー資源としては、中東産の原油、灯油などです。また農産物では、とうもろこし、NonGMO大豆、一般大豆、小豆、アラビカ、コーヒー生豆、粗糖、生糸、ゴム、ロブスターなどがあります。

 

例えば農作物の場合には、天候などによって豊作になったり凶作になったりするために相場が大きく変動します。
豊作の場合には価格は下落し、凶作の場合には供給不足となるために価格は上昇します。また原油などは紛争をはじめとする国際情勢が価格に大きく影響します。

 

いろいろな社会の情勢を見ながら、価格変動や為替変動によるリスクを考えた上で投資していくことが大切になります。
CFD商品先物では、一般の先物取引とは異なり24時間いつでも取引ができることや、証拠金を預けてのレバレッジ取引ができるので、資金が少なくても大きな取引ができます。

 

初めてやってみようという人には、商品先物から始めることがよく勧められます。株価指数などと比べると、高いレバレッジがかけられないようにもなっているので、手始めには商品先物は良いかもしれません。
ごく小額での投資から始めながら、少しずつ勉強して覚えていったら、他の分野もやってみるとよいでしょう。始めるにあたっては、CFD商品先物を取り扱っている証券会社に口座をつくらなければなりません。

 

だいぶ日本でも普及してきたようですが、まだCFDを扱っている証券会社はそれほど多くはありません。
それぞれのサイトを見たり、比較サイトなどを参考にして取引システムの解りやすさ、使い勝手の良さなどを総合して、自分向きのものを探すとよいでしょう。
また、手数料も積み重なると大きいので考慮して決めるとよいでしょう。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX