CFD銘柄の商品現物

CFD銘柄の商品現物

CFDの商品現物取引ではさまざまなものを取り扱っていますが、そのなかでも特に常に注目されているのは原油と金やプラチナなどです。
従来の現物取引では個人にとっては敷居が高すぎて投資するのは難しかった、これらの商品現物もCFDならば少ない資金でいつでも投資できるのが魅力です。

 

日本ではまだ歴史の浅い投資ではありますが、金や原油に投資できるのは個人投資家にとっては大きな魅力です。
金の相場の値上がりは、特にこの数ヶ月の間で特に大きな話題となっていることは多くの方が知るところですが、CFD商品現物取引においても、最も話題の商品です。

 

金の価格上昇はこれまでにみられないほどの勢いで、今後の動きもさらに注目されています。
原油も金ほどではありませんが、また価格上昇の兆しを見せたりするなどで、目が離せないCFDの商品現物では目が離せない商品の代表となっています。

 

その他でCFD商品現物取引で扱われる商品は、銀やプラチナなどの自動車などの生活に密着した商品をつくるために使われる貴金属があります。
地味な印象がありますが、自動車産業の動きなどとともに注目してみるとよいでしょう。

 

CFD取引では証券会社などに口座をつくって取引することになりますが、商品現物の取引をする場合には、この分野に強みを持っている業者を選ぶことをおすすめします。
証券会社のなかには、取り扱っていないところもあるので、これから口座を開設する場合にはよく調べてみるとよいでしょう。

 

証券会社のCFDに関するサイトには、初心者のために解りやすく解説したコーナーを設けているところもあります。
そういうところに目を付けて、商品現物について誰にでも理解できる説明をしているかどうかは、ひとつの判断の目安にするとよいでしょう。

 

また、情報が少ないところよりも、より多くの情報を掲載しているところがおすすめです。
証券会社によっては、商品直物、あるいは商品スポットという言葉になっている場合もありますが、どれも同じものを指します。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX