CFD銘柄の債権

CFD銘柄の債権

CFDでは、債権を使った取引も行うことができます。
債権というのは国や地方、企業などが資金調達のために発行する、いわゆる借用証明書のことを言います。

 

国や地方、企業などはこの国債や地債、社債を発行することによって、投資家たちから資金を調達し、それぞれの運営を行っています。
そしてCFDでは基本的に、国の発行する国債を利用して取引を行うことができます。

 

企業などが発行する社債の場合では、倒産といった事態が起こると価値がなくなってしまうというリスクがありますが、国債の場合では国が破綻しない限りは価値がなくならないため、リスクはほぼないということが言えます。
ただし個人向け国債などのように、金利を受け取るタイプの投資方法ではないということは、理解しておくということが大切となります。

 

取引自体は差金取引となるため、売り買いで生じた差額が損益ということになります。
債権CFDでは、とくに経済大国と呼ばれる国の、国債で取引を行うということがポイントとなります。

 

しかし国債という性質上、取引量はあまり多くないというのがデメリットとなっています。
注文を出してもなかなか約定しないという場合が多く、流動性もあまりないため、どちらかというと上級者向けの取引であるということが言えます。

 

その他の債権CFDの特徴としては、ある程度まとまった資金がなくても、取引を行えるという点などがあります。
基本的に国債は、100万円単位といった資金がなければ購入をすることができませんが、CFDではレバレッジを利かせることによって、100万円に満たない資金からでも取引を行うことができます。

 

債権取引を行う上でのポイントとしては、国がさらなる国債の発行を準備していると思われる期間や、金利情勢があまり良くないという期間などは、価格が下がる恐れがあるため注意が必要となります。
取引を行う際には、その国の運営状況や財政状況などを知るということが大切となります。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX