CFD銘柄の中国株

CFD銘柄の中国株

CFDでは、中国株の取引きも気軽に行うことができます。
CFDで行える中国株の取引では、個人株だけではなく、EFTや香港市場での指数先物にまで投資を行うことができます。

 

これまでは特定の証券会社などで現物による取引のみが行われていましたが、CFDが扱われ始めたことにより、レバレッジを利かせた中国株の取引を多くの業者で行うことができます。
中国は近年急成長を遂げており、この先も成長を続けることが期待されているため、10年先を見据えても高いパフォーマンスを期待することができると言えます。

 

またCFDによる中国株の取引きのメリットとしては、中国本土市場が他国市場の影響を受けにくいという点などがあります。
例えば日本のように、良くも悪くもニューヨーク市場の影響を強く受けるというようなことが少なく、世界市場との相関性は低くなっています。

 

中国市場では外国人投資家に対する規制が厳しいため、国内投資家の動き方次第では、世界市場の流れとは正反対の動きを見せるということもありえます。
その他のCFDで中国株の取引をするメリットとしては、値動きが大きいという点も挙げられます。

 

とくに香港市場では値幅制限が存在しないため、場合によっては前日比20〜30%上昇するといったこともありえます。
ですからうまく波に乗ることができさえすれば、レバレッジを利かせて、大きな利益を出すということが可能となっています。

 

ただし逆に株価が下落の動きを見せた場合には、大きな損失を出す恐れがあるため、注意が必要となります。
あまり勝負には出過ぎず、レバレッジはなるべく少ない倍率で抑えて、リスクカットを徹底するということが大切となります。

 

今後のねらい目としては、個別銘柄であれば、インフラ投資関連への買いポジションがおすすめだと言えます。
また中国政府の行う内需拡大政策を考慮して、個人消費関連の銘柄なども高い利益を出す可能性を期待することができます。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX