CFDのカウンターパーティーリスク

CFDのカウンターパーティーリスク

CFD取引を行うに当たっては、そのリスクを理解しておかなければ大きな損失を受けることになります。
大きな利益をあげることが期待できる代わりに、様々なリスクも存在します。リスクもいろいろなものがあります。まずは、為替の変動によるリスクです。

 

この取引は、円安になっていくと利益が大きくなるが、円高になると利益が少なくなり損失がでることさえあるという側面を持っています。次に取引先のCFD業者の信用度に関するリスクです。
やはり第一の心配は、取引先のCFD業者が倒産するということではないかと思われます。さらに、そのときに証拠金として預けたお金が戻って来るのか、全額戻らないのならどの程度戻るのかといったことも心配です。

 

そして、さらに業者そのものの信用度だけでなく、その取引先の銀行や企業などの信用度についてさえも目を向ける必要があります。
CFD取引の専門用語でカウンターパーティーリスクという言葉がありますが、カウンターパーティーとは会社が提携している銀行や企業のことを指します。

 

カウンターパーティーとして取引先の業者と提携している会社に不安があれば、それが投資に対する不安につながってきます。
例えば、カウンターパーティーの銀行が破綻した場合に預けた証拠金はどのようになるのかということも考えておくべきでしょう。

 

また、カウンターパーティーのコンピューターでシステムダウンが起これば、約定ができないという心配も起きてきます。このようにカウンターパーティーの信用度が低いと、それによって被害を受けることもあります。
これが、カウンターパーティーリスクというものです。カウンターパーティーリスクに対処するためには、取引先のCFD業者のホームページなどを調べてみましょう。

 

カウンターパーティーとなる企業が大企業であれば、信用度も高くなるということでその名前を掲載していることもあるのです。さらに、そのカウンターパーティーとなる企業の経営状況などを調べておくことで、より安心ができるのではないでしょうか。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX