CFDの為替変動リスク

CFDの為替変動リスク

CFDに限らず、大きな利益を期待できる投資はその分損失も大きいということが言えます。CFDでは、レバレッジをかけて投資することが特徴の一つでした。

 

そのため、儲かる時にはもとでの何倍ものものに投資して大きな利益をあげることができるけど、その分損をした時の損失も大きいという危険もはらんでいました。
その他にも為替変動リスクも見逃してはいけないのです。

 

為替レートは1ドル100円とか1ドル80円とか、円とドルの関係については毎日のようにテレビのニュースで放送されています。
為替変動リスクが生じるのは円とドルの関係だけではないのですが、身近である円とドルを例にあげながら考えてみましょう。

 

アメリカの株を500ドル分購入したとすると、1ドルが100円という為替レートでは50,000円で購入することになります。
この株価が550ドルの価値になった時に売れば、アメリカでは50ドルの利益になります。

 

その時の為替レートが依然として1ドル100円であれば、50ドルの100倍で、日本円に換算すれば5,000円の利益になるという計算です。
しかし、ここで日本の円とアメリカのドルの間には為替レートというものがあり、為替変動リスクが起きてきます。

 

もし、円高になってきて為替レートが1ドル80円になったとしたらどのような計算になるでしょうか。アメリカでは株価が上がり550ドルの価値になったとしても、日本円に換算するとその80倍になりますから、44,000円の価値となります。

 

これでは、最初に投資した5,000円よりも少ない金額になってしまいます。逆に1ドル105円といった具合に円安に転じていれば、儲けは大きくなりますが、いつもうまくいくとは限らないのです。

 

CFDの取引では、円安が進むと利益がさらに膨らんできますが、円高が進むと利益が減ってしまい、場合によっては損をすることさえあるのです。こういった為替変動リスクをしっかりと把握し、ハイリスクハイリターンであることを知ったうえで投資することが大切です。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX