CFDの価格変動リスク

CFDの価格変動リスク

CFDでの取引する投資家がいる限り相場の値動きは必ず発生し、相場が変動することで利益を出したり、損失を出したりします。
この相場の変動で発生する損失を価格変動リスクと呼ばれています。

 

CFDの市場は24時間常に価格変動しており、相場分析をどのようにしたところで相場が思い通りに動くことはないので、予想とは違った動きをすることもあります。
このような予想と違った大きな振れ幅が、価格変動リスクを更に変化させてしまうのです。

 

そのために保証金の元本や取引による利益は保証されるものではないのです。
元本割れを引き起こしたり、更には元本を大きく上回るような損失を引き起こしたりする可能性もあるということを常に注意しておかなくてはなりません。

 

CFDは世界中の銘柄について取引が可能になっているわけですが、その取引対象銘柄によって値動きが異なるので、取引を始める前に状況を十分に把握して、いくらでも価格変動リスクを小さくするようにすることが大きな損失を回避する対策の一つです。
特に政治的や経済的な要因などによる相場の変動は、よく取引対象銘柄を調査把握することでリスク回避が可能になります。

 

すなわち、相場の変動で大きな利益を得る可能性がある銘柄は、反対に大きな損失にもなるリスクを含んでいるということで、これがハイリスク・ハイリターンと呼ばれるものです。
特に取引金額に対して少額の証拠金で取引するレバレッジ倍率の高い取引方法の場合は、利益も大きくなりますが、一方で短期間のうちに多額の損失を発生する可能性がありますので、レバレッジ倍率の高い取引については細心の注意が必要になります。

 

このCFDの取引で価格変動リスクに対する有効な対策は、特効薬的な対策はなく常に取引対象銘柄についての情報の調査や、テクニカル分析などを自分なりに実施して取引をすることしかないようです。
価格変動リスクは、このようにリスクの性質をよく理解し常に情報監視、分析を行うことで異常な相場の変動がない限り、リスク回避ができる可能性が高くなります。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX