CFDのマージンコール

CFDのマージンコール

CFD商品の取引におけるリスクマネージメントの中のひとつにマージンコールがあり、投資家の損失額が一定の基準に達した際、業者がメールなどで警告を発するものです。
この警告は、投資家の資産を保護する立場において非常に有効的なサービスで、急落や急騰と言った不測の事態の応じてその効果を最大限に発揮します。

 

CFD取引でのマージンコールは、業者が定めた証拠金維持率が市場を下回った際に発生し、証拠金維持率の値は業者によって異なっているのが現状となっています。
また、CFD取引で発するマージンコールは、投資家の資産を保護する反面、取引の継続をするかどうかを投資家にはっきりさせる意図も含まれているのです。

 

投資家が取引の継続を望んでいる場合、それに必要な証拠金を追加投入する必要がありますが、この時点は決済前となることから市場の状況が急変する可能性もあります。
ハイリスクハイリターンが伴う投資の世界では、警告を受ける機会が必ず訪れると言っても過言ではありませんが、これとは無縁な取引をすることが理想となります。

 

CFD取引のマージンコールでは、反対売買や証拠金の追加投入は可能ですが、相場の変動に応じてロスカットなどと言ったさまざまな事態を想定しなければなりません。
これらの事態から回避するためには、取引の過程で証拠金を残しておくことが肝要で、余裕をもった取引とともに万一に備えて追加資金への配慮も検討する必要があります。

 

さらに、CFD取引では株や為替の取引において逆指値と呼ばれるリスクマネージメントがあり、最高値でそれを買い、最安値で売りに転じる方法が認められています。
しかしながら、損切りに踏み込めないことが原因でマージンコールを受ける投資家も多いことから、損失を極力抑えた取引が行える安全策を講じることが重要となります。

 

業者が発する警告のタイミングは、業者ごとで異なることから、各業者が損失に対してどのようなリスクマネージメントを行なっているかを比較検討することが大切なのです。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX