CFDのオーバーナイト金利

CFDのオーバーナイト金利

CFDの取引においてよく見られるものにオーバーナイト金利があり、この金利は投資家へのメリットとして、株式を投資する際にそれが機能します。
CFD取引のオーバーナイト金利とは、FX取引で発生するスワップ金利と類似した性質を備えており、取引きを行なううえでメリットととなる重要なものなのです。

 

そのため、初心者や取引経験の浅い投資家はこれらの金利について熟知することが大切で、インターネットの専用サイトなどからそれを習得することができます。
FX取引のスワップ金利とは、日本円や米国ドルなどの異なる通貨の売買で発生する2国間の通貨にかかる金利差を意味し、その差額に応じて損益が変動します。

 

スワップ金利では売買で使用する2国の通貨の金利を比較し、高い金利を有する通貨を買う場合にその成果として利益を得ることができます。
反面、低い金利を有する国の通貨を買う場合は支払いが発生してしまうことから、投資家は事実上損失をこうむることになります。

 

また、CFD取引のオーバーナイト金利においてもスワップ金利と同様な性質がありますが、金利の発生条件が双方の金利で異なる点に注意が必要となります。
CFD取引きでのオーバーナイト金利は、取引きの中の売りのポジションのみに発生し、スワップ金利で見られる2国間の金利差は発生しないのです。

 

さらに、この金利は翌日の午前6時を過ぎた時点で保有している株の銘柄に対して適用され、その売買取引を行なった銘柄の発行国によって金利の掛け率が異なります。
株の空売りをした際、CFD取引のオーバーナイト金利はその銘柄の基準価格から口座開設した証券会社の定めるスプレットを差し引いた額を利益として得ることができます。

 

しかしながら、株式を購入した場合は、スワップ金利と同様に投資家による支払義務が生じてしまいます。
この支払い義務を解消させるには、株式の買いポジションを長期間保持させないことが肝要で、金利の高い国が発行する株式であれば負担も大きくなる点に注意が必要です。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX