CFDのレバレッジ

CFDのレバレッジ

CFDの取引を行うためには、口座を開設して証拠金をその口座に入れるところから始まります。
その証拠金を担保にして、いろいろな商品の売り買いの取引をしていきます。

 

CFDの取引はよくFXと比較されます。
その違いは、FXは外貨に対する投資であるのに対して、CFDは一つの口座で世界中の株や株式指数や穀物・原油などや債権など多種多様なものに投資することができます。

 

共通点としてはレバレッジをかけるということがあります。
しかし、FXとの相違点は、FXは取引する金額に対してかけるのに対して、証拠金に対してかけるということです。

 

レバレッジは英語で「てこ」という意味ですが、「てこ」という言葉が示すように、10倍であれば証拠金の10倍の金額を運用することができます。
例えば5万円を預け入れると、50万円の取引ができるということなのです。

 

残りの金額については業者がたてかえてくれます。
この例を使うと、もしも5万円に対して1万円の利益が出た場合は、その利益は10倍の10万円にふくれあがるということになるのです。

 

ただし、5万円に対して1万円の損失が出た場合には、その損失は10倍の10万円になります。
この倍率が高ければ高いほど、資産を大きく増やすことが期待できますが、大きな損失をする可能性も出てくるということです。

 

FX取引では証券会社で設定したレバレッジの範囲内で自由に決めることができます。
しかし、CFD取引では「自己資金がどれだけあるか」「商品がどれだけ安全なものか」そういったことを考慮して、あらかじめ倍率が設定されます。

 

ですから、金融商品の中でもレバレッジが高く設定されている物を扱う時には、危険も覚悟したうえで取引をしなければいけないことになります。
そういったものを扱う場合には慎重になるべきです。

 

自分の資金をCFDによって運用する場合には、このレバレッジの性質や仕組み、長所とその裏に潜む危険性などをよく知っておく必要があります。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX