CFDのメリット

CFDのメリット

CFD取引の大きなメリットは、投資対象を様々なものから選ぶことができるということです。
取引業者に口座を開設すると、その一つの口座で、個別株、株価指数、穀物、原油など様々な物に対して投資をすることが可能なのです。

 

特に業種別指数を取引できるのはCFDだけですし、他では多くの種類の取引を一つの口座でできるということはありません。
投資対象を売ったり買ったりする時に生じる差額で利益を得ることができるのは、FXと同じですが、FXと違い多くのものを対象にして取引ができます。

 

このようなメリットがあるためにため、CFDは2008年頃からFXに代わる新しい投資スタイルとして注目され始めているのです。
証拠金取引であるということも大きなメリットです。

 

取引をする場合に、必要なお金をすべて準備する必要がないのです。
口座に入れた証拠金をもとに取引をし、差し入れた証拠金に対して何倍かの金額を取引することができます。

 

例えば、指数関係では最大100倍程度、個別株では最大20倍程度といった具合です。
証拠金を担保としてCFDの会社と投資対象の物を売買する契約をする形になります。

 

そうすると、実際に自分が持っていない株を会社から借りて売っておいて、値下がりした時に買って会社に返すといった方法が取れます。
このことから、取引するものの相場が下がっている時にでも利益をあげることができるのも大きなメリットとなってくるのです。

 

店頭取引を行っている場合が多いのもメリットのうちの一つです。
取引所取引である先物取引は、限月制があります。

 

また、CFDに比べてレバレッジの倍率が高くありません。
限月制の場合取引の期限というものが決められていますので、いつまでも売り買いをしないと、自動的に決済されてしまいます。

 

いつまでもチャンスをうかがっているわけにはいかないのです。
期限が来そうであれば、いったん決済してから、また新たな戦略を立てるという作業をしなければいけません。

 

店頭取引は、このような心配をする必要がありません。


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX