CFD初心者でも納得

CFD初心者の為のabcfd

CFDとは投資商品の1つで差金決済取引(Contract for Difference)のことを表しています。
証拠金を取引業者に預託して国内外の株価や金価格などの金融商品価格や指数を参照して、差金決済による通貨の売買取引を行うこと指しますが、同じ取引方法の外国為替証拠金取引(FX)はFXと呼び、このFX以外の株式や株価指数などをCFDと呼んでいるようです。

 

つまりCFDとはFXと同様な感覚で取引ができる世界中の株または商品といった次世代の金融商品ともいわれています。
このCFD取引を始めるには取引を始めるための業者選定から始めなければいけません。

 

業者を選定したら口座の開設になるわけですが、現在はほとんどの業者がネット上で簡単に素早く口座開設手続きが行えるようになっています。
ただし、口座開設する際は投資をしたいマーケットや自分が興味を持っている商品が取り扱われているかどうか、を確認しておく必要がありますので注意が必要です。

 

少ない資金で大きな取引ができる魅力を持っているCFDですが、反面リスクも高いということも忘れてはいけません。
すなわちCFDとは大きい儲けもあるが、大きい損失もあるということです。

 

用意する資金は余裕を持って、実際に取引する場合も資金に余裕を持った範囲内で取引を始めるのが安全です。
いろいろな金融商品に連動する取引が可能になるのがCFDで、このような特徴があるため取引の方法も一般的な株取引に比較するとかなり複雑になっているようです。

 

このような取引方法もリスクの一つと認識し、業者を選択する際は様々な角度から比較したり、取引する金融商品の知識を学習したりする必要があるでしょう。
なんといっても実践的な取引経験がないと難しい局面も出てくることもあるのは確かです。

 

そこで特に実践的な経験がない方や経験が少ない方にはデモトレードを利用して、経験値を上げることもリスク対策としては有効であるとされています。

 

CFD取引の解説1:株式CFDのメリットとデメリット

 

CFD取引の解説2:商品(コモンディティ)CFDのメリットとデメリット

 

CFD取引の解説3:債券・国債・金利先物CFDのメリットとデメリット


オススメCFD

SAXO BANK

「個別株CFD口座」では2011年11月時点では、世界22カ国、市場の数で言えば34市場、合計の銘柄数で言えば約7,200銘柄に対して投資を行う事が出来る口座となります。主要先進国の市場に加えて、香港市場に上場されている銘柄や、シンガポールに上場されている銘柄に対しても投資を行う事が出来るので、恐らくこれじゃ足りないと言う人は居ないであろうと言う位まで取扱いの銘柄が豊富となっています。

SAXO BANK


GMOクリック証券

GMOクリック証券はCFDの取引システムに関しては、自前で制作をした物を使用しています。あまり知られていない事ですが、システムの部分に関しては、以外と多くの会社がシステムを制作している会社からレンタルをしているケースが多いのが実情となります。その為、当然システムのレンタル料の回収を行う為に、スプレッドが広くなる事が多くなりますが、GMOクリック証券では自前で制作をしているので、スプレッドが狭いのが特長であり魅力となっています。

GMOクリック証券

DMM.com証券

スプレッド以外にも、DMM.com証券のCFDサービスでは24時間のサポート体制が置かれていたり、クイック入金が充実していたりします。取引ツールに関しても、スマートフォンにすでに対応済みとなっていますし、従来の携帯電話でも当然取引が可能となっているので、外出先で急な相場変動の際にも、対応をする事が出来る様になっています。

DMM.com証券

アドセンス広告

オススメCFD会社

GMOクリック証券 サクソバンクFX